日南商工会議所ブログ 宮崎県日南市の観光情報配信!

宮崎県日南市の情報満載!日南の魅力を発信、発ッ進!

Entries

第2回振徳塾

11月29日(火)。天気曇り。

実にお久しぶりでございます。
なんと1週間ぶりの会RUNマンでございます。

思えば広島東洋カープ秋季日南キャンプが終わり、
そのまま韓国インバウンド研修会の準備にかかり、
体を休めつつリフレッシュ休暇をとったりで久々の登場です。

ブログも随分いろいろなネタが増えてきましたので
またちょっとずつご紹介していこうと思います。

そんな訳で今日のブログは観光ネットワーク事業の
人材育成プロジェクト「振徳塾」について紹介致します。

10月に行われた第2回と
先週行われた第3回の塾の様子を2日連続で紹介致します。

ということで。
10月21日に行われた第2回振徳塾より。
20111021sintokujuku2 003
振徳塾は今年度で第5期生となります。
第5期振徳塾のテーマは「輝け!県南のニューウェーブ」。

観光・地域づくりで活躍されている20代・30代の若手を中心に
新しい観光・地域づくりを学んでいます。

第2回の講師はNPO法人Rainbow Treeの久志尚太郎 理事長をお招きしました。
20111021sintokujuku2 005
久志理事長は東京生まれで海外留学を経験。
帰国後、ITスキルを独学で学び、IT企業で活躍されました。
退職後、宮崎県串間市にて同法人を設立され、現在大活躍中の方です。

Rainbow Treeさんでは幸島の塩炊き事業や
農家支援事業(草刈り支援や田畑耕運、有機肥料販売)などをされていますが

最近では串間市の幸島ドライブインの改装オープンが注目を集めました。


今回のテーマは「次世代のソーシャルビジネスについて」。

ソーシャルビジネス??
言葉では耳にする機会も増えましたが何するの??
という方のために

ソーシャルビジネスとは
社会的課題の解決をはかるための取り組みを
持続可能な事業として展開し、地域発展や雇用創出を生むことだそうです。

地域社会が抱えている人口減少、農家後継者問題、買い物難民などの問題を
事業のチャンスとして捉え、課題の解決を図る事業を行うことが
ソーシャルビジネスだと言えます。

この定義に久志さんは
自分たちの暮らしを自分たちで作っていくこと。
誰かの問題ではなく自分の問題だと
「当事者意識」を強く持って事業をされています。
20111021sintokujuku2 013
これは楽農楽食プロジェクト「感動自給体験」という事業です。
麦打ち蕎麦作り体験などをされていて、
この事業は地域の女性たちが仲間に入れてくれという働きかけから
始まった事業で、農家と消費者を繋ぐ取り組みです。

当事者意識が生んだ地域を元気にする事業のひとつだと思います。

ソーシャルビジネスはあくまでもビジネスなので利益も追求しますが
地域のためにもうからないことをするのもソーシャルビジネスだと
久志さんは話されていました。
20111021sintokujuku2 017
講義後のグループトークも活発な意見交換がされていました。


当事者意識を持って地域の課題を出し合う。
「誰々がすればいい」ではなく、「自分ならこうする」という意識を持って
地域のニーズをうまく事業化していく。

この意識が頭の先からつま先まで一本太くある久志さん。
Rainbow Treeさんの取り組みはこれからの地域を活性化させる
ひとつのモデルになってくるだろうなと強く実感した第2回塾でした。

そして、そこに「自分」もともに手を携えて
宮崎県南を元気にしたいなと思いました。

最後に素敵なお話をひとつ。
Rainbow Treeさんの由来です。

虹は旧約聖書で平和・調和の象徴。
そして、七色の魅力ある事業を展開し、
木が枝や根を広げるように地域に根差していきたいとの願いで
命名されたようです。

素晴らしい人との出会いに感謝の第2回振徳塾でした。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示