日南商工会議所ブログ 宮崎県日南市の観光情報配信!

宮崎県日南市の情報満載!日南の魅力を発信、発ッ進!

Entries

多くを学んだ第4回振徳塾

1月10日(火)。天気くもり。

今日は先月行われた、
観光ネットワーク推進事業の人材育成プロジェクト
「振徳塾」の第4回塾の様子をお伝えします。
20111222sintokujuku 015
第4回塾は
一般社団法人 高度連携戦略機構の
島中星輝 副理事長を講師にお招きして
「何を売るかよりも、誰が売るか?」をテーマに
お話して頂きました。

実は島中さんは振徳塾の塾生でもありまして、
11月の第3回振徳塾の宮崎県庁の崎田さんに続いて
2回連続で塾生から講師を務めて頂きました。

それほど第5期振徳塾は塾生もアクティブ&パワフル。
まさに第5期振徳塾のテーマ「輝け!県南のニューウェーブ」な塾です。
20111222sintokujuku 013
テーマの「何を売るかよりも、誰が売るか?」ですが
学んだ感想としては「どう付加価値をつけるか」、
「情報」の持つ力、重要性、意義、価値観を学んだ塾だったなと思います。

あまり書きすぎると島中さんの今後の講演活動に支障をきたすかもしれないので
例をひとつだけあげると

お店から買ったカツオとTさんから頂いたカツオの話を例にします。
島中さんの魚はイサキでしたが、
私は日南一本釣りカツオ炙り重を宣伝する男ですのでカツオにしちゃいます。

お店で買ったカツオと
普段から大変よくしてくださるTさんから頂いたカツオでは
どっちのカツオが美味しいと感じるでしょうか??

恐らく多くの人がTさんのカツオが美味しいと答えるでしょう。
ではなぜ??

頂いたものだからとか色々理由はあるでしょうが
全てはTさんから頂いた心遣いに心が満たされ、
Tさんのカツオが美味しいとなるのではないでしょうか。

そんな心を満たす情報が価値を生み、商品の魅力を高まらせたと言えます。
何を売るか = 商品力
誰が売るか = 情報によって付加価値を上げる人・モノ
を考えさせられた振徳塾でした。


他にも何時間でも聞いていたい語り口や例の多さで
時に考えさせるために当てられたりしながら
あっという間に島中さんのお話は終わりました。


今回、目的やストーリーをはっきりさせることの大切さを学びました。
日南一本釣りカツオ炙り重のセールスプラン(設計図)ももっとしっかり
構築していかないとなと思いました。


そして、島中さんからは自分の中で悩んでいた
ツイッターVSフェイスブックも解決するヒントをくださいました。

ということで解決したので私もフェイスブック始めてます。
解決のヒントになったのはやはり今回学んだ「情報戦略」です。

ツイッターはブログへの誘い、リアルタイムを重視する情報「発信」ツールとして
フェイスブックは色々な人の情報を発信受信する情報「交流」ツールとして
活用していこうと思います。

島中さん、お陰でスッキリすることができました。
ありがとうございました。


次回、第6回振徳塾は1月開催予定です。
1月27日からは由布院や日田等の視察研修も予定されています。

日田は観光協会先進事例地域
由布院は若い力が躍動する地域
いずれも宮崎県南が目指す地域です。

特に親しくさせて頂いている由布院の冨永アニキとの再会や
両地域に宮崎県南の若いパワーを見て頂く機会になりそうで
とても楽しみにしております。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示